笹原シュン☆これ今、旬!!

日本で、世界で、今まさに旬のトピックスをお届けします。政治、経済、文化、世界情勢など、噛み砕いてわかりやすく解説していければと考えています。同時に、日本の在り方、進むべき道についても、示していければと思っております。

「白ウサギを追え!」12 ハリウッドセレブ、各界著名人の大量逮捕! 新型コロナウィルスのパンデミックとは何なのか①

新型コロナウィルスの起源

 ご存じのように、現在、世界中で新型コロナウィルスのパンデミックが発生しています。

 

f:id:shunsasahara:20200824171442j:plain

 

 なぜパンデミックが発生したのか、これがいつまで続くのか、はたまたこの騒ぎはそもそも一体何なのか、についてはさまざまな説が流布しています。

 

 まずは新型コロナウィルスの起源について考えてみましょう。これについては大きく4つの説があるようです。

 

1.中国共産党が武漢のウィルス研究所で研究していた細菌兵器が流出した。

2.ビル・ゲイツが作ったウィルスをドローンで世界中にまき散らした。

3.ウィルスではなく、5Gの電磁波で肺炎が発生し、多くの死者が出た。

4.検査方法及び死者統計の操作によってパンデミックが作り出された。

 

 マスコミ、およびネット上で飛び交っている説は、大体この4つ、または4つのうちのいくつかの組み合わせであるように思います。

 

 では、私はどの説を支持しているかというと・・・う~ん、わかりません。

 

 そんな無責任な、と言われそうですが、どの説が正解だとしても、変わらない事実が一つだけあります。それは、

 

「新型コロナウィルス感染症は大した病気ではない」ということです。

 

統計からみた新型コロナウィルスの殺傷力

 なぜそんなことが言えるのかといえば、単純に現時点における感染者数と死者数の統計を見ればいいのです。

 

www3.nhk.or.jp

 

  上の報道のように、現時点における世界全体の新型コロナウィルスの感染者は2327万人、死者数は80万人だそうです。

 

 80万を2327万で割ってみましょう。0.0343・・・となります。

死亡率3.4%ですね。これならインフルエンザのほうがまだ多いでしょう。

 

 特に日本においては、現在新型コロナウィルスによる死者数は、累計で、1179人です。しかし、インフルエンザでは毎年1万人以上の死者が出ています。

 

 新型コロナの死者数は、インフルエンザの10分の1程度であり、風邪をこじらせて死ぬ人数とほぼ同じです。

 

 つまり新型コロナウィルス感染症は、風邪と同程度かそれ以下の病気でしかないのです。インフルエンザのほうがはるかに怖いということです。

 

 しかし毎年流行するインフルエンザについてはほとんど報道されませんね。新型コロナウィルスのほうは、これでもかというくらい連日マスコミをに賑わせています。

 

 なんでインフルエンザは報道しないのに、それよりはるかに大したことない新型コロナウィルスは、連日報道されているのでしょうか?

 

ディープステートから見た新型コロナウィルス

 そもそも新型コロナウィルスのパンデミックは、ディープステート側の仕掛けでした。

 

 彼らはついこの間まで世界を支配していました。人間は彼らにとっては「餌」にしかすぎません。

 

 彼らにとっては、人々がおとなしく自分たちの言うことを聞き、餌となる人間の子供たちの安定供給を確保できればそれでよかったわけです。

 

 しかし人間たちは増えすぎました。増えた人間たちの中にはディープステートの企てに気づいてしまう人たちも現れました。

 

 数では圧倒的に人間たちのほうが多いので、もしも目覚めた人間たちが本格的に反乱を起したら、彼らには対抗できません。

 

 そこで人間たちの数を減らし、発達したIT技術を用いて、生き残った人間たちの管理を徹底しようと考えたわけです。

 

 そのための企画が、新型コロナウィルスのパンデミックだったというわけです。

 

 計画の概要は以下の通りです。

 

 まずは死亡率が大したことのない新型のウィルスを開発する。

 それをドローンを使って大々的に世界に散布する。 

 各国政府、医療機関に指示を出し、あらゆる原因の死者を何でもかんでもこのウィルスによる死者にカウントする。

 マスコミに指示を出し、連日大々的に報道させ恐怖心をあおる。

 ロックダウンを起こし、人間たちを分断する。

 一度騒ぎを収束させ、その後もう一度パンデミックを起こして、2度目のロックダウンを行う。

 恐怖におののく人々に、ワクチン開発成功の知らせを届ける。

 ワクチンを世界中の人々に強制接種させ、それによって人口の削減と個人の支配を完成させる。

 

パンデミックとは何なのか

  なんでこんな回りくどい計画を立てたのでしょうか? どうせやるなら強力なウィルスを開発して、人類を絶滅寸前にしてしまえばいいのに、って思いませんか?

 

 もしもほんとにペストや天然痘みたいな強力な病気を開発してばらまけば、確かに人間の数は大幅に減るでしょう。しかしその場合は、ディープステートたち自身が感染してしまうリスクがあります。

 

 そのため、実際は大したことのない病気を、強力な伝染病に見せかけ、人々の恐怖をあおったうえで、ワクチンを打たせて目的を達成する方式にしたのでしょう。

 

 では単なる風邪を、怖い伝染病に見せかけるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

PCR検査の謎

 今世界的に新型コロナウィルスの検出に PCR 検査が使用されています。この検査で陽性が出た人数を新型コロナウィルスの感染者数としているようです。

 

 しかしこの検査には様々な問題があります。

 

 これはポリメラーゼ連鎖反応検査とよばれ、1983年に考案されて使用されています。

そもそも1983年から行われている検査で2019年に発生したウィルスを検知できるのがおかしいと思いませんか?

 

 これはそもそも新型コロナウィルスの検査用に考案された検査ではありません。

 

 ポリメラーゼ酵素によって、粘膜中のあらゆるウィルスのコピーを指数関数的に増殖させ、それを検知する手法です。

 

 仮にウィルスが粘膜中に10数個しか含まれていなかった場合でも、この検査では陽性になります。しかしこの程度の数では病気が発症することはなく、ウィルスは1~2日後には免疫反応によって消滅します。

 

 さらには、新型コロナウィルスだけではなく、旧型コロナウィルス、すなわち単なる風邪のウィルスでも、陽性が出ます。

 

 ようするに、単なる風邪のウィルスがのどの粘膜にごく少数張り付いている状態、そのままほおっておけば、風邪の症状すら出ない状態でも、陽性が出てしまうのです。

 

 さらには風邪のウィルスでなくても、そのほかおよそウィルスであればなんでかんでもも陽性が出ます。

 

 タンザニアの大統領が、パパイヤ、ヤギ、ウズラの卵、自動車オイルに擦り付けた検体で PCR 検査をしたら陽性が出て、即座にWHOの職員を国外追放にして、マスクの使用を禁じた事件がありました。

 

f:id:shunsasahara:20200828145417j:plain

 

 つまり、風邪だけでなくあらゆる微量なウィルスをすべて検知する検査を行って、 それで陽性となった者を、だれでもかれでも、新型コロナウィルス感染者としてカウントしているわけです。めちゃくちゃですね。

 

 ちなみにインフルエンザでは、抗原ELISA検査という手法が使われています。これはウィルスが粘膜で数万から数十万に増殖して初めて陽性が出る検査で、これだと陽性者と実際のインフルエンザ発症者がほぼ一致します。

 

 そもそもPCR検査は病気の診断用の検査ではなく、研究用のリサーチのための検査です。この検査の考案者のキャリー・マリス博士は、PCRを感染症の診断のために使ってはならない、と警告した直後に、謎の死を遂げました。

 

新型コロナウィルスの死者のカウント法

 さらに問題なのは、新型コロナウィルスにおける死者のカウント法です。

 

 新型コロナウィルスによる死者は、70歳以上のお年寄りが多く、もともと基礎疾患を持っていた方がほとんどであることはご存じだと思います。

 

 これについては、厚生労働省が各病院に送った通達が流出しています。

f:id:shunsasahara:20200828150955j:plain

厚生労働省通達

 これは全3枚の通達のうち2枚目ですが、ページの下の部分に

 

新型コロナウイルス感染症の陽性者であって、入院中や療養中に亡くなっ
た方については、厳密な死因を問わず、「死亡者数」として全数を公表するようお願いいたします。 

 

となっているのがお分かりかと思います。この通達の全文は下のリンクをご参照ください。 

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

 

  これはようするに、 PCR 検査で陽性になった患者が死亡したときは、その死因がガンであっても、糖尿病であっても、肝炎であっても、他のウィルスによる肺炎であっても、すべて新型コロナウィルスの死者として届け出をするように、という、無茶苦茶な通達です。

 

新型コロナウィルス 幻想のパンデミック

 以上のように、新型コロナウィルスのパンデミックは、どんなウィルスでもすべて陽性が出るPCR検査の陽性者を、感染者数とし、その陽性者がどんな死因で死んだとしても、すべて新型コロナウィルスによる死者数とする、という、統計的な手法で作られた、幻想のパンデミックであるということができます。

 

 知り合いの医師に聞いた話では、純粋に新型コロナウィルスそのものが原因での死者は、まだ発見されておらず、それに関する論文は一本も存在していないそうです。

 

 実際には一人の死者も出ていないウィルスを、統計的操作とマスコミによるプロパガンダによって、怖い伝染病であるように錯覚させ、人々の恐怖をあおる作戦に過ぎないわけです。